ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

神泉のお酒

小松市の東栄松商店さんから限定酒が2種類発売されました。
こちらは今ノリにノッテイル酒蔵です。
北陸3県の新酒鑑評会で4年連続優等賞(一番いい賞ね)受賞ですし、全国新酒鑑評会でも3年連続入賞しています。

去年は政府専用機の機内提供酒としてこちらの大吟醸酒が選ばれました。
(うちでも定番で扱っています、是非買って飲んでみて!720mLで3,055円)

限定酒の1つ目は
2000年醸造の大吟醸酒で今年の全国清酒コンクールで全国2位を受賞したお酒です。
2000年と言えば長男カズキが生まれた年。
ちょうど10年熟成させたお酒です。
味も魅力的ですが、意匠がとってもステキなんです。
瓶、ラベル、桐の箱、どれも洗練されています。

(酒蔵のコメント)
シェリー酒のような口当たり、旨味と甘味のバランスが良く、濃厚な味わいです。
食前酒におすすめです。常温、又は冷やしてお飲みください。



e0037439_2141597.jpg==========
神泉「万延元年」 500ml 7350円

(成分値)
原料米:山田錦(100%)
精米歩合:35%
アルコール分:17度
※桐箱入り、ご贈答用にお勧めです。




そしてもう1つ。
こちらは平成7年1995年に醸造した本醸造酒です。
造ってから15年経っています。
ただ寝かせればいいわけではなく、熟成に耐えられるしっかりとした酒質のお酒を選りすぐって石蔵で寝かせているのです。

(酒蔵のコメント)
紹興酒のような口当たり、酸味があり、酸味と旨味のバランスが良好です。
チョコレートや油料理等に良く合います。冷やしてお飲みください。



e0037439_2111527.jpg===========
神泉「懐石酒 回」 500ml 2100円

(成分値)
原料米:五百万石(100%)
精米歩合:65%
アルコール分:15度
※紙製の箱入り





今年の冬に東栄松商店さんのお屋敷へお邪魔したのですが、酒蔵をはじめ茶室や数寄屋造りの建物はどれも由緒ある立派なもので、私のようなしもじものものは恐れ多くて恐縮し通しでした。
前田利常が隠居した小松城にあった板戸があったり、らんまやお庭も歴史のあるものです。
あと、酒蔵は石で出来ていて、石蔵の酒蔵と言えば天狗舞の車多酒造さんが有名ですが、東栄松商店さんの方が先で、車多酒造さんが作り方を教わりに来られたそうです

(HPより)
酒蔵は昭和24年に改めて立て替えられました。地元の観音下(かながそ)の山から切り出した石で作られた三つの石蔵を中心に構成された、当時としては断熱効果が優れていると云われ、貴重な酒蔵でありました。
その後、昭和26年に茶室と数寄屋、庭とを同時に作り現在に至っております。
平成21年1月に平成21年1月8日付にて当店酒蔵及住居の十二棟が国の登録有形文化財に指定されました。
[PR]
by sake-ohzawa | 2010-07-30 21:06 | 神泉(東栄松商店) | Trackback
トラックバックURL : https://ohzawa.exblog.jp/tb/13023482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< トマトをいただきました ライスアローニ ならぬ ごはん... >>