「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

能登の杉の木

お店の正面の戸を新しくしました。

e0037439_14325973.jpg


防犯上の理由もあって。
店の内装は能登産の杉、それとしっくいで仕上げてあり、戸も同じく杉の木を使いました。木の香りがとてもいいです。近くにいらしたら是非匂いをかいでみて下さい。

ご遠方の方には匂い添付します(笑)
酒の大沢杉の戸.sml
[PR]
by sake-ohzawa | 2014-04-20 08:00 | お店のこと | Trackback

北陸新幹線開業お祝給食

今週の小学校の給食は、北陸新幹線開通をお祝いしてルート沿線のご当地メニューの第1回目東京(板橋)でした。
e0037439_14392343.jpg

e0037439_1440402.jpg


ごはん
牛乳
とびうおのフライ
あさりと小松菜の煮びたし
とん汁
味付けのり






e0037439_1439566.jpg





(こちらの2枚の画像は金沢市長、山野ゆきよし日記より拝借)
http://ameblo.jp/yamano4455/entry-11823798593.html

e0037439_144042.jpg
[PR]
by sake-ohzawa | 2014-04-19 08:04 | 金沢 | Trackback

民芸とティーンエイジャー

秋田県大館の工芸品、曲げわっぱのお弁当箱を買いました。
e0037439_1421440.jpg

ごはんが美味しくなると聞き、娘のお弁当箱にしようと思ったからです。
人気があるらしく、注文してから少し待って届き、私はお弁当を作るのが楽しみでした。


心配なのがだたひとつ、年頃の娘がこの工芸品の良さを理解して今までの可愛らしいお弁当箱からこの曲げわっぱのお弁当箱に変更することにうんと言うかどうか。


娘に良さを説明した結果、残念ながらこれは嫌と。


私は大学の時に京都市にある「河井寛次郎記念館」http://www.kanjiro.jp/

の近所に住んでいたこともあり、また、習っていた茶道の先生が民芸についていろいろと教えてくれたこともあって、河井寛次郎記念館に2度程行ったことがあります。しかし、私も娘の歳の頃に民芸についてどう思っていたかと言うとあまりピンと来ていたかったのが正直なところです。なので娘の気持ちも十分わかります。
e0037439_14214436.jpg

去年だったかに近くの古書店で、読んでみたかった柳宗悦の「手仕事の日本」を見つけ買いました。昔ながらの手仕事で作られた全国の実用工芸品の紹介と、その良さについて書かれた本です。私は読みながら、うんうん、わかるわかる、そうだそうだ、合理化、機械化で少なくなりつつある日本の工芸品を絶やしては勿体無いと強く思いました。しかしこれを娘に読ませたところで、曲げわっぱのお弁当箱を明日から持っていくと言うとは思いません。


民芸とティーンエイジャーが相容れることは難しいと思うんです。


しかし、私が10代の頃に茶道の先生に陶芸や工芸、花、書、などを教わらなければ私は柳宗悦の本を買わなかっただろうし今回も曲げわっぱのお弁当箱を買うことがなかったと思います。娘には様々な体験をして欲しいと思いました。
[PR]
by sake-ohzawa | 2014-04-18 14:21 | 子供のこと | Trackback

黒糖焼酎「鬼界島」

e0037439_1557643.jpg

平家物語の中では、俊寛を描いたところが大好きです。「足摺り」、「有王」、「僧都死去」など。俊寛は平家打倒を企てた鹿ヶ谷の陰謀で鬼界島に流刑となり、都に戻ること叶わずそこで死んでしまいす。


その鬼界島は黒糖が有名で、その黒糖を原料にしたほのかに甘い黒糖焼酎が名産です。先日鬼界島の焼酎メーカーさんが営業に来られ、飲んでみたらとても美味しかったので取り扱うことにしました。ロックや水割りも良いですが牛乳で割って飲むと美味しいです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

鬼界島酒造

「黒糖焼酎 鬼界島25度」
900mL 1128円(税込)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



黒糖焼酎 鬼界島
★★★★☆
[PR]
by sake-ohzawa | 2014-04-17 15:55 | 焼酎 | Trackback

ククリ

金沢市武蔵ヶ辻、エムザのビルの1階に「串トンともつ煮込みのお店 ククリ」さんがオープンし、私の周りでも行って来たよーというお友だちがけっこういて、早速私も行ってきました。フルーツむらはたさんの向かい辺り、私らアラフォーにしたら、かつてあった洋服屋のフォーシーズンの隣りというとわかりやすいかな。

e0037439_15251272.jpg


午後6時過ぎにお店に入ったらサラリーマンでいっぱい。立ち飲みスペースとテーブル席があり、会社帰りにちょっと1杯引っかけて帰るのにはちょうど良いのかなと思いました。食事メニューは肉、野菜が中心で、ドリンクメニューも豊富でした。。

e0037439_15245542.jpg


あと、変わったところでは豚のおっぱいの部分の串焼きもあるみたいですが売り切れてありませんでした。それと、魚のメニューがなにかあればいいのにと思いました。

e0037439_15253875.jpg


美味しかったです。
武蔵ヶ辻に新しいお店がどんどん出来ていて賑やかになっていいなと思います。


武蔵ヶ辻
ククリ
★★★☆☆
[PR]
by sake-ohzawa | 2014-04-17 15:08 | 食べたもの | Trackback

近江町市場春祭り

e0037439_1841338.jpg

明日4月13日から19日は近江町市場の春祭りです。


週末はお天気が良いようです。
金沢市内はちょうど桜が満開。
お花見のお帰りに近江町市場へぜひお越しください!
[PR]
by sake-ohzawa | 2014-04-11 18:04 | 近江町市場 | Trackback

ひゃくまんさんのお酒

e0037439_117348.jpg
ひゃくまんさんとは、石川県北陸新幹線開業PRマスコットキャラクターです。

石川県の伝統ある郷土玩具の「加賀八幡起上り」をモチーフに、石川の多彩な文化をギュッと凝縮し、百万石の豪華絢爛さをイメージさせるキャラクターとして誕生しました。

輪島塗のおひげ、金沢箔を施した眉や、松・花の中心部分、加賀友禅柄の菊やぼたん、色彩には赤・黄・緑・紺青(こんじょう)・紫の九谷五彩を使用し、全国に誇る石川の伝統工芸の技術が取り入れられています。

また、全身には、兼六園のことじ灯籠や白山、能登キリコなど、県内各地域の観光資源が描かれており、県内のマスコットキャラクターを代表するような風格を備えています。





このひゃくまんさんをデザインしたお酒が明日4月8日から手取川の吉田酒造さんから発売されます。
当店にも少しだけ入荷します。

ラベルは可愛らしくて素敵ですが、中身はもっと素敵で、原料米には兵庫県産の山田錦と石川県産の契約栽培米の五百万石を使用し、酵母は金沢酵母で造った純米酒です。日本酒度+9度ととても辛口ながら、後味に苦味を感じない調和の採れた味わいのお酒で、吉田酒造さんのお酒ですから、爽やかな香りと後味のキレの良さが持ち味です。


==============
白山市・吉田酒造店
【手取川 大辛口 純米酒名流ひゃくまんさんラベル】

720mL 1,500円

原料米:麹米兵庫県産山田錦、掛米石川県産五百万石
精米歩合麹米50%、掛米55%
日本酒度:+9
アルコール度:15.8%
酸度:1.3
アミノ酸度:1.5
使用酵母:金沢系

※常温、または少しだけ冷やして、あるいはぬる燗が美味しくお楽しみいただけます。
[PR]
by sake-ohzawa | 2014-04-07 08:00 | 手取川(吉田酒造) | Trackback