ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新発売【加賀の紅ほっぺのお酒】

新開発、バニラアイスにかけると美味しい【加賀の紅ほっぺのお酒】。

石川県の酒屋チームで立ち上げた石川りきゅーる研究会。
昨年5月に「加賀の紅茶のお酒」を開発し大ヒット大成功。そこで続く第二弾、「加賀の紅ほっぺのお酒」を作りました。
e0037439_115355100.jpg


原料の苺は加賀市にあるフルーツランドの「紅ほっぺ」という品種のイチゴを使用し、漬け込むお酒は金沢市のやちや酒造さんの純米酒を使っています。食材の選定から味や香りの計画など、ああでもないこうでもないの試行錯誤の末、とっても美味しいお酒が出来上がりました。今回も自信作です。


販売は7月15日。
現在サイトにて予約を承っております。
ご注文いただきましたら7月15日の販売日以降順次発送させていただきます。酒の大沢店頭、または電話、メールでも予約を承っております。


【飲み方】
そのままストレートやロックは勿論、ミルクを加えても美味しいです。ソーダや梅酒で割るのもオススメです。バニラアイスにかけても美味しいですよ~。

【ジェラート】
近日中にこのイチゴのお酒を使ったジェラートも販売予定です!


==============
石川りきゅーる研究会
【加賀の紅ほっぺのお酒】

〈成分〉
■原料:純米酒(やちや酒造)、糖類、加賀産紅ほっぺ、レモン
■アルコール度数:9度

価格:300mL 1680円
(ギフト用ケース入り)
※画像には写っておりませんが化粧箱入りです。


☆★☆予約承り中です☆★☆

【電話】
076-232-3636
【メール】
sake@ohzawa.jp
【酒の大沢いちごのお酒ショッピングサイト】
http://ohzawa.jp/products/detail.php?product_id=803


☆★☆開発って楽しい☆★☆
e0037439_11555559.jpg

これは3月にチームのメンバーみんなが各自でいちごのお酒を作って持ち寄ったときのもの。砂糖は何グラムにするか、いちごの分量はどうするか、私も配合を変え10種類ぐらい作りました。いちごと砂糖だけではちょっと思っていた味ににはならなかったので、ああでもない、こうでもないと、レモンも一緒に漬け込んだら、味がぐんと引き締まって酸味も出てとても美味しくなりました。

この時はまだ製品化できるかどうかの段階だったのでぼかして内緒にして画像をアップしましたが、あれから3ヶ月、今回も美味しい自信作が出来上がりました。
[PR]
by sake-ohzawa | 2013-06-27 11:59 | 新商品 | Trackback

ねり粕入荷しました

e0037439_1221392.jpg
週末降り続いた雨もようやく上がり、さわやかな朝を迎えました。一日一日と日差しが強くなり、夏ももうすごそこまで来ています。


お待たせしました。
ねり粕入荷しました。


このところの暑さでキュウリや茄子などの夏野菜がぐんぐんと成長しています。家庭菜園をされている方、農家の方など、沢山なったけどいっぺんに食べられないわー、とおっしゃる方、ねり粕を使って野菜の粕漬けはいかがですか。



菊姫ねり粕1Kg 420円
菊姫ねり粕2Kg 840円

常きげんねり粕4Kg 1680円

宗玄大吟醸ねり粕500g 525円
[PR]
by sake-ohzawa | 2013-06-24 12:02 | 酒粕 | Trackback

おうちで梅酒

e0037439_11463469.jpg

近江町市場の八百屋さんの番台に沢山の梅の実が並び始めました。おうちで手作りの梅酒を作ってみませんか?作り方はとっても簡単。失敗なしの美味しい梅酒が簡単にできます。



(材料)
梅の実1Kg
氷砂糖600g〜900g(お好みの甘さに調節してください)
ホワイトリカーやブランデー1.8L(お好きなものを)



(作り方)
1.梅の実はそっと洗ってヘタの黒い部分を取り、水気をしっかり切る。

2.殺菌した保存瓶に梅の実、氷砂糖を交互に入れ、直射日光の当たらない所に置く。1日に1、2度瓶を軽く揺すってかき混ぜる。

3.半年ほどしたら美味しくなって飲み頃です。3ヵ月ほどだとフレッシュな酸味のある味わいですし、1年熟成させると深いコクのある味わいになります。



*漬け込むお酒ですが、酒税法でアルコール度数が20度以上のものと決めまれています。ホワイトリカーがよく知られていますが、日本酒で漬けると優しい味になりますし、芋焼酎はコクのある個性的な味に、ブランデーは香り良い重厚感のある深い味わいに仕上がります。



*また、数年前の酒税法の改正で、飲食店さんは手作りのうめしゅをお客様に提供することが出来るようになりました。



*梅の他にレモンや苺、コーヒーのどお好きなものを漬けて楽しめます。しかし、果物ではぶどうと山ぶどう、また、米、麦、粟、とうもろこし、ひえなどのデンプンを漬けることは禁止されています。
[PR]
by sake-ohzawa | 2013-06-14 17:30 | Trackback

アフリカ開発会議と石川の地酒

先日横浜で開催された第5回アフリカ開発会議。


6月2日の夜に行われた公式晩餐会で、京都の老舗料亭「菊乃井」の総料理長が吟味した懐石ベースの日本料理が振る舞われたそうです。


その時に日本酒が4種類振る舞われ、その中に石川県の地酒があったとニュースで知りました。石川県の地酒が気になって調べましたらわかりました!


石川県 獅子の里(鮮 純米吟醸)でした。
e0037439_14463752.jpg


残りの3つは
山口県 貴(特別純米)と愛知県 九平次(純米大吟醸)、
あともうひとつがメニュー画像からは古酒とはわかるのですが蔵元はわかりませんでした。


獅子の里さんは石川県加賀市山中温泉にある小さな酒蔵さんです。私の大好きな酒蔵の一つで、今年の2月、仕込の真っ最中に蔵にお邪魔してきました。当店で現在、在庫をして扱っている商品は

•「獅子の里 純米酒1,250円」(精米歩合65%)
•「獅子の里 純米吟醸1,680円」(精米歩合60%)

この2種類です。やや辛口でお米の優しい旨みが心地よい、そんな味わいです。店頭で、または発送もしております。


酒の大沢
076-232-3636
sake@ohzawa.jp
[PR]
by sake-ohzawa | 2013-06-06 14:46 | 日本酒 | Trackback

卯辰山の野球場

e0037439_10172468.jpg

金沢市の卯辰の方角にある卯辰山。
ここに野球場があったんや!


市内の野球場色々と行きましたが知らんかったぁ。
[PR]
by sake-ohzawa | 2013-06-02 10:17 | Trackback