「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

加藤吉平商店の大吟醸酒粕入荷

福井県鯖江市にある加藤吉平商店さんから純米大吟醸の酒粕が入荷しました。

この蔵のお酒は政府や宮内庁のパーティなどで使われていて知る人ぞ知る酒蔵。
私も大好きな酒蔵です。

1Kg入り800円
数量限定です。
e0037439_17245341.jpg

[PR]
by sake-ohzawa | 2012-03-17 17:27 | 酒粕 | Trackback

初しぼり180mL

石川県下の21の酒蔵さんの搾りたての大吟醸の新酒を、180mLサイズで瓶詰めし限定発売しています。
e0037439_17123631.jpg

大吟醸は通常ある程度熟成させてから出荷されることが多いので、搾りたてを販売するのはとても珍しく、しかもこの搾りたてを生の原酒のまま瓶詰めしてあります。香りも味も格別です。

各蔵とも昨日3月16日から一斉に販売です。
当店も21蔵取り揃えて販売しています。
予想以上に売れ行きは順調で、一部売り切れてしまった蔵もありますが、現在はこちらの酒蔵さんのお酒がございます。

長生舞、日榮、福正宗、万歳楽、天狗舞、加越、神泉、夢醸、ほまれ、竹葉、能登誉、宗玄


※数が少ないため、販売は店頭のみでしております。
 早々に売り切れも予想されますのでご来店の際はお問い合わせいただきましたら幸いです。
[PR]
by sake-ohzawa | 2012-03-17 17:15 | 新酒のご案内 | Trackback

HPサーバー移行中

おはようございます。

いつもご覧いただきまして有り難うございます。
ただ今酒の大沢ホームページ及びショッピングサイトのサーバー移行中につき、今日いちにち閲覧できません。

ご不便お掛けしますが、何卒よろしくお願いします。


酒の大沢
大澤一嘉・よめ
[PR]
by sake-ohzawa | 2012-03-13 11:34 | お店のこと | Trackback

バーコードのないお酒

スーパーなどでレジを通す際に必要となるのがバーコードです。
商品の流通や管理には欠かせません。

野菜や魚には付いてませんから食品全体としては一概には言えませんが、一般的な酒屋において流通しているお酒には十中八九、九部九厘付いています。

しかしごく稀に付いていないものもあります。
付いていないというか、付けていないもの。

理由はいろいろあります。
それらは概してあまり出回っていないものと言うことができます。


そんなバーコードが付いていなくて出回っていなくて美味しいお酒がこちら
宗玄 純米石川門 無濾過生原酒」です。
e0037439_1730359.jpg

旨みがしっかりあって喉越しのキレがあり、
何杯でもおかわりしたくなるような、
おつまみはいらず、お酒だけで十分楽しめる、そんな味わいです。

==================
石川県珠洲市・宗玄酒造
【宗玄 純米石川門 無濾過生原酒】

原料米:石川門(石川県産)
精米歩合:65%
アルコール度:18度

(消費税込)
720ml/1313円
===================

※このお酒は生酒ですので保存は冷蔵庫でお願いします。
※共に季節限定商品の為当店在庫12本がなくなり次第終売となります。
※店頭、または電話、FAX,メールにて御注文を承っております。

(金沢・近江町市場)酒の大沢
(TEL)076-232-3636
(FAX)076-232-3640
(E-mail) sake@ohzawa.jp
[PR]
by sake-ohzawa | 2012-03-10 17:27 | 新酒のご案内 | Trackback

フーデックスジャパン2012

e0037439_143330100.jpg

東京の幕張メッセで行われている「フーデックスジャパン2012」へ行ってきました。

日本や外国の食品・飲料が並ぶ、酒屋の嫁的にはとても楽しく勉強になる展示会で、アルコールや飲料水、食品の今のイチオシや、これからのトレンドがわかります。
e0037439_14333097.png

中でもこれはいいなと思ったのが色の綺麗なビール。
シャンパン感覚のイタリアのビールです。
e0037439_15213379.jpg

・きめ細かい泡立ち
・多彩な色合い
・飲む前から漂う香り
・飲むと口一杯に広がるフレーバー

値段も500mLで1,200円とお手頃で、パーティなど食事会にはいいなと思いました。


日本のブースで出展者が力を入れていて、目立っていて引き続き流行りそうなのは
生姜、ナッツ類、ビールいろいろ、米粉、梅酒、味醂、豚肉、魚
だと思いましたがどうでしょう。

これらの統一のテーマというかキーワードがピンとこないかもしれませんが、元気で健康に生きるための体に優しい食材のような気がします。
[PR]
by sake-ohzawa | 2012-03-09 14:33 | Trackback

大吟醸の酒粕入りレアチーズケーキ

e0037439_19494439.png

入荷した大吟醸の酒粕の香りがとてもよく、白く美味しそうだったので酒粕入りのレアチーズを作ってみました。


レシピはなく、私の全くのオリジナルです。




材料はクリームチーズとヨーグルト、三温糖、生クリーム、レモン汁、ゼラチン、ビスケット、無塩バター、それに酒粕。



子供も食べられるように生クリームで酒粕を煮立ててアルコール分はしっかりと飛ばしました。



味はまあまあ。
でも改良の余地ありです。もっと酒粕の味わいを強くした方が美味しいと思ったので次回はもう少し酒粕の割合を多くして作ってみようと思います。


==============================


*今回は搾りたての香りの高い大吟醸の酒粕を使いましたが、一般的な板粕でも練り粕でも美味しく作れると思います。でも、折角のクリームチーズの色や香りも楽しみたいので、あまり熟成した茶褐色の粕よりも白っぽい粕の方が風味があっていいと思います!
[PR]
by sake-ohzawa | 2012-03-08 19:49 | 酒粕 | Trackback

空瓶の整理

酒屋の仕事はいろいろあって、

お酒を売ることは勿論そうですけど、お酒が入っている入れ物、
要は瓶だとか缶だとかを整理することにものすごく労を取ります。

e0037439_11594822.jpg


日本酒は一升瓶や四合瓶に入っているものが多いので一升瓶は瓶の色別に整理して問屋や酒蔵へ返します。

ビールはキリンやアサヒ、サッポロ、サントリー毎に分けてこれも問屋へ返します。

それ以外の瓶は色別に仕分けして割る。
ペットや缶も同じように分別。

リサイクルしないものは焼酎や日本酒が入っている紙パックぐらいでしょうか。

今日は大粒の冷たい雨が降っていて私の服はびちょぬれです。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by sake-ohzawa | 2012-03-02 11:35 | 私が思うこと | Trackback

新酒入荷中島酒造店【純米桃色にごり酒 花おぼろ】

e0037439_10433679.jpg
朝市で有名な輪島市にある中島酒造店から、春らしいさくら色のお酒
純米桃色にごり酒 花おぼろ』が発売されました。

お酒の色は愛らしい桜色で、味は甘酸っぱく、香りはイチゴのよう。

どうやってピンク色にしたかと言うと、原料となる酵母に『赤色酵母』を使用したため。造り方はとっても難しく、全国的にも造っている蔵はごく僅か。この蔵は社長さんが杜氏をつとめていて、完全手作り。

小さいながらも、全国新酒品評会で入賞、金賞を受賞している
素晴らしい蔵です。

3月1日発売開始。石川県のみの発売です。
ひな祭りや、お花見の席にピッタリ。
ピンク色は話題になること間違いなしです。

==============
     石川県/輪島市
      中島酒造店
 『純米桃色にごり酒 花おぼろ
    500ml 1,800円
アルコール度数:8~9度

 『花おぼろ 酒粕』
    300g    500円
==============

※生酒ではありませんので常温で発送できます。
※お買い求めは店頭またはHPから。地方発送も承ります。
※社長さんは、『何本でも送るよ』と言って下さったので、ある程度の本数は入荷してくると思いますが、1200本限定ですので売切れ次第販売終了となります。どうぞお早めにご予約、お買い求め下さい。



お買い求めはこち
【ショッピングサイト】
純米桃色にごり酒 花おぼろ

【酒の大沢】
電話  0120-32-3636
メール sake@ohzawa.jp



【どうやったらピンク色のお酒ができるの?】 


よく聞かれます。
私も最初見た時は本当にきれいでびっくりしましたから。

日本酒の原料は米と水で、米が麹菌で糖化されブドウ糖ができます。
それと酵母(こうぼ)が必要です。ブドウ糖は、清酒酵母による発酵でアルコールになります。

この清酒酵母にはいくつも種類があり、それらによって酸味の強弱、香りが異なります。
協会10号、協会11号という種類や金沢酵母、山形酵母などど造られた地域の名前が付いていたりもします。他にワイン酵母やビール酵母、パン酵母があります。


この『花おぼろ』は『赤色酵母』という酵母を使用したため、ピンク色に仕上がったのです。
でもこの酵母、繊細でとっても扱いが難しい。
他の酵母で造るお酒と隔離したり、酒造りの道具なども別にして他の酵母の影響を受けないよう、細心の注意を払わないといけません。
社長さんも四苦八苦されたそうです。

※ピンク色の日本酒はこの赤色酵母を使ったものの他に、古代米の赤米や黒米を原料にしても造れます。でも、それでは酒粕は赤や黒色になり、ピンク色の酒粕は赤色酵母を使ったお酒でないとできません。

この酒粕で甘酒やパンなどを作るとほんのりピンク色になって綺麗です。地元の和菓子屋さんではお饅頭の皮にこの酒粕を使ったピンクのお饅頭を作っています。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by sake-ohzawa | 2012-03-01 10:33 | 新酒のご案内 | Trackback