ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

明日はレモン風呂の日

e0037439_025812.jpg

金沢市内の公衆浴場では、明日10月29日の土曜日にレモン風呂をするそうです。



子供が小さい頃は比較的近所の東山のくわな湯や、賢坂辻のミロク湯といった銭湯によく行っていましたが最近はめっきり。



久しぶりに行ってみようかな。
大人はひとり420円です。
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-29 00:03 | Trackback

冬っていいな

秋も深まりそろそろ冬の訪れが近づいてきました。



金沢市の老舗酒蔵
福光屋さんのサイトでおいしそうなページを見つけました。



酒蔵の智恵から生まれた温かいメニューが沢山載ってます。



「飲む」「食べる」「浸かる」で体の中からあったまって下さい。
酒粕の発酵パワーで血行促進、代謝アップです。


おうちdeぽかぽか三温活
http://www.fukumitsuya.com/style/sanonkatsu/sanonkatsu.cgi

e0037439_1337074.jpg










 


熱燗にシナモンと粒胡椒で「ホットスパイスカクテル」
e0037439_13385847.jpg





  









日本酒を贅沢に使った「日本酒豚しゃぶ」


※北陸の冬は雪も沢山降って寒いですけど、こんなこんな楽しみもあればちょっと待ち遠しかったりもするのです。
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-24 13:46 | 福正宗(福光屋) | Trackback

近江町市場大行灯まつり開催中

今週18日の火曜日から行われていた近江町市場大行灯祭り、残すところあと二日となりました。
e0037439_116322.jpg


300円ごとに1枚補助券がもらえ、補助券が10枚たまると三角くじを1枚ひけます。
この三角くじ、外れがなく、今回の1等はブリジストン高級自転車。その他に各店賞や現金つかみどり、500円券、200円券、50円券と続きます。

現金つかみどりはこんな感じ。
e0037439_11122749.jpg


明日の夜は、市場内の各店が営業が終わったあと、近江町市場が屋台となって再登場。あんなメニューやこんなメニュー(はっきりはまだ確認してないです)、生ビールやジュースもあります。お近くの方は是非おこし下さい。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-21 11:17 | 近江町市場 | Trackback

新酒第一号入荷しました

10月はそろそろ酒造りスタートの時節です。
蔵によっていつ頃からお酒を造り始めるかは異なり、毎年決まって10月1日に蔵人さんと杜氏さんが蔵に入るところもありますし、11月に入り少し遅めに始めるところもあります。

今日、福井県鯖江市の加藤吉平商店さんから新酒が発売されました。
当店で扱う新酒第一号です。

薄にごりの生酒で原酒、アルコール度数が18度。
18度ありますがバランスがよく、旨み、飲み応えともに大満足です。


こんなに美味しいにごり酒を飲んだのは始めてかもしれません。
それくらい良いです。しかも値段は1,500円ととてもお安いです。

日本酒は出来が良いから値段を高くするということがほとんどありませんので、このように美味しく仕上がったお酒でも本当に1,500円でいいの?という値段になります。
e0037439_20535684.jpg



===============
福井県鯖江市
加藤吉平商店
【梵 初雪 生原酒 しぼりたて純米吟醸】

720mL 1,500円

原料:米・米麹
原料米:福井県産五百万石
精米歩合:55%
アルコール度数:18度

===============
※搾ったそのままを瓶詰めした生酒です。ご自宅では冷蔵保管下さい。

※数量限定、取り扱い店限定商品ですので売り切れの際はご容赦下さい。どうぞお早めにお買い求め下さいますようお願い申し上げます。






Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-19 21:01 | 梵(加藤吉平商店) | Trackback

かなざわごのみおしゃれメッセ2011 金沢エッセンス「今世界へ日本酒と工芸」

金沢市の21世紀美術館としいのき迎賓館でおしゃれメッセ2011 でが行われています。



その中の「今世界へ日本酒と工芸」のセミナーに参加してきました。
外国では日本酒がどう評価されているか、そしてこれからどうアプローチしていくのがよいかを日本のみならず海外でご活躍の佐浦弘一氏、大橋健一氏、乾晴彦氏、そして石川県の天狗舞醸造元車多酒造の車多専務がお話して下さいました。



日本酒を海外で紹介するにはヨーロッパ、アメリカでベースとなっているワインと絡めて紹介すると理解されやすいこと、また繊細な味わいは陶器や磁器ではなく、ワイングラスで飲むとより味がわかってもらえるなど実践的具体的なお話でした。うちのお店にも海外のお客様が度々いらっしゃいますのでとても勉強になりました。



【セミナーの様子】
e0037439_20482674.jpg

【車多酒造の徳田さんと井波さんと私】
e0037439_20491499.jpg

【佐浦社長と主人と私】
e0037439_20493526.jpg

【車多一成専務と澁谷ファミリー、主人と私】
e0037439_20561547.jpg

【元上司でシャトーシノンのオーナー南さんと私】
e0037439_2053311.jpg

[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-09 21:00 | 日本酒 | Trackback

白えびせんべい

店頭で売っている「白えびせんべい
e0037439_1445745.jpg

石川のお隣り、富山県の白海老を使ったおせんべいです。
この手にありがちなお土産っぽい味ではなく、本当に美味しいのです。
うちのお店でもよく売れています。



もしかしたらお酒よりも売れているかもしれません。
それは言い過ぎですがそれぐらい売れてます。



試食用におせんべいをタッパーに入れてあるのですが、POP作ってパウチするこんな仕事はヨメの私の役目だったりします。



※白えびせんべいよりも目立っている日榮は金沢の老舗、中村酒造さんのお酒です。



Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-09 14:14 | お店のこと | Trackback

かなざわごのみおしゃれメッセ2011

今週から来週にかけて金沢ではかなざわごのみ おしゃれメッセ2011が開かれています。


e0037439_18473672.jpg



この中で

【金澤エッセンス~金澤の工芸で楽しむ上質なライフスタイル~】

というイベントがあり、
e0037439_18375474.jpg



明日10月9日(日)は「今世界へ日本酒と工芸」と題して
佐浦弘一氏、大橋健一氏、乾晴彦氏、車多一成氏のセミナーがあります。酒屋的にとても嬉しい方々で、明日がとっても待ち遠しいのです。

セミナーは無料でどなたでも参加できますのでご興味のある方は是非どうぞ。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-08 18:46 | 日本酒 | Trackback

秋の味覚たっぷり

e0037439_14413260.jpg

三連休初日、近江町市場は沢山の人出です。



魚屋さんの店先には秋刀魚や甘エビ、ガス海老といった今が旬の食材がたっぷり。新潟県のコウバコ蟹も並んでました。



八百屋さんにも地元で採れた栗や梨などが。連休中に栗の渋皮煮を作ろうと思い市安商店さんを覗くと、息子さんがこっちの方がいいと茨城の利平栗を奨めてくれました。
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-08 14:41 | Trackback

奥能登のお酒 のまんかいねキャンペーン

昨夜の北陸三県 日本酒の会で沢山のお酒を飲んで興奮冷めやらぬヨメです。富山、福井、石川の酒蔵が計66参加されており、170種類ほどのお酒が出ていました。私は50種ほど飲みました。
良い夜でした。酔い夜でもありましたけれど。


奥能登の酒蔵さんが
奥能登清酒 のまんかいねキャンペーン」を実施しています。

お酒にの首かけに付いている応募用紙を5枚集めて応募すると抽選で110名様に能登の宿 ペア宿泊券など総額100万円のプレゼントがもらえます。是非この機会に奥能登のお酒を飲んでみてください。
e0037439_9321470.jpg


e0037439_931192.jpg





Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-02 09:45 | 日本酒 | Trackback

10月1日は「日本酒の日」

e0037439_1052726.jpg
今日10月1日は「日本酒の日」です。



酒という漢字のつくり、酉はもともと壷の象形文字で、後に酒を意味する漢字になりました。



10月は干支で表すと酉になり、10月は穀物が実りそれを原料にお酒が造られるので10月の意味するところは大きいようです。



本来、冬に仕込んだお酒はちょうどこの頃飲み頃となり、ちょうどこの時期のお酒を新酒と呼んでいました。造ってすぐ飲むのではなく、ある程度熟成させて味が落ち着いた状態で始めて飲んだのです。



お酒は仕込みが冬ですので12月や1月にお酒を造り年をまたぐことになります。今でも10月から9月までが酒造年度です。

以前はこの10月1日から9月末日までを酒造年度としていました。明治29年に主に酒税等を計算し易いように、便宜的に設定されたようです。現在は昭和40年の国税庁の通達により、酒造りの実態に則り7月1日から翌年6月30日までの1年間を酒造年度としています。




ですので平成23年12月に造ったお酒も平成24年1月に造ったお酒も全て平成23年醸造という表記になります。



今晩は冷え込むようです。
秋の夜長、ぬる燗でチビチビやるのもいいかなと。
e0037439_1133316.jpg

[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-01 05:51 | 日本酒 | Trackback