「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

カテゴリ:お店のこと( 109 )

常夏の国、マレーシアからのお客様

e0037439_9554479.jpg


昨日、石川県ご出身でマレーシアはペナン島に在住のお客様が御来店されました。


いつも南国ならではの美味しいお土産を持ってきて下さいます。
実はそれがとても楽しみだったり。


今回はなんと、羅漢果(ラカンカ)
と、紅茶とタイの鼻用ミントスプレー。


羅漢果は南国で採れる果物で甘いんです。
煮出して飲んだりします。あとは甘みに使ったり。
ゼリーなどを見たことがあるけれど、実物を見たのは初めて。
ましてや食べたこともない。


昨日はとても寒かったのですが、店内は甘い香りに包まれ、南国の楽しそうな話を聞くにつけ、とても暑く感じたのでした。
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-12-16 10:05 | お店のこと | Trackback

白えびせんべい

店頭で売っている「白えびせんべい
e0037439_1445745.jpg

石川のお隣り、富山県の白海老を使ったおせんべいです。
この手にありがちなお土産っぽい味ではなく、本当に美味しいのです。
うちのお店でもよく売れています。



もしかしたらお酒よりも売れているかもしれません。
それは言い過ぎですがそれぐらい売れてます。



試食用におせんべいをタッパーに入れてあるのですが、POP作ってパウチするこんな仕事はヨメの私の役目だったりします。



※白えびせんべいよりも目立っている日榮は金沢の老舗、中村酒造さんのお酒です。



Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-09 14:14 | お店のこと | Trackback

ベルギーからのお客様

e0037439_1348122.jpg
近江町市場という場所柄か、
外国からのお客様が比較的多い酒の大沢です。


中国人だったりアメリカ人だったり。
まあ、何人というのはここではあまり関係ありませんけど。
何故ならうちには外国語に長けたスタッフがいるわけではありませんから。トホホ。


何が大事かというと、気持ちです(笑)
日本酒をいかに知ってもらうかという熱い思い(笑)
これで意外と伝わるので不思議です。


昨夕はベルギーからの男女のお客様がいらっしゃいました。
会話は私の拙い英語でしましたが、これがとても楽しかったのです。
今までになくスムーズに(私なりに)会話が出来たのには大きな理由がありました。
男性のお宅はベルギーでビールを造ってらっしゃるそうで、アルコールの知識がおありだったのです。


質問の内容もそれなりで

1、日本酒はヨーロッパではお燗にして飲むが日本ではどうか?
2、私は冷やが好きだがあなたはいつもどうやって飲んでいるか?
3、本当は何度で飲むといいのか?
4、日本酒の種類によって食べ物を替えるか?
5、ベルギーを知っているか?
6、日本は暑い!


私はお酒の種類や季節に応じて飲む温度帯を変えていることを説明し、冷やで飲む場合はあまり冷やしすぎるのも良くない、けれどあくまでも自分の好きな温度で飲めばいいと思うと。
そして、どのお酒も冷やしたりお燗にしたりする必要性やこだわりは全く無くて、常温で飲んでも十分美味しいよと付け足しました。
ベルギーはビールが有名で、彼のうちもビールの醸造をしているだけあって、ビールも同じだ、本当に美味しいビールは常温で飲むんだ!!と意気投合したのです。
始めて外国の方にきちんと私の日本酒の思いや知識を伝えられたと実感できました。

今日からもっと英語勉強しよっと。



Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-07-16 13:50 | お店のこと | Trackback

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年はブログをご愛読くださいます皆様、
酒の大沢をご贔屓くださいますお客様のおかげで
とても充実した一年を過ごすことができました。
有り難うございました。

今年も昨年同様、石川のおいしい日本酒を皆様にご紹介するべく、
酒蔵をあちこち駆け回り、そして自分の舌で確かめます。(ここが大事)
今後とも当ブログ、また酒の大沢をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
あと、あるじのブログも忘れずにね。

※尚、お正月明けは1月5日より営業致します。
 ちょっくら江戸へ行って酒屋なんぞを見学してこようと思っています。

                                   @サケヨメ




                      
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-01-01 21:48 | お店のこと | Trackback

第3のビールとか新ジャンルとか・・・覚書の意もあり

e0037439_15215582.jpg
正直言うと私も主人も家では安いビールを飲んでます。

俗に「第3のビール」とか「新ジャンル」と呼ばれるものです。
(キリンで言えばのどごしや、アサヒのクリアアサヒなど)

缶の表や裏側を見てもらえばわかるのですがこれらは酒税法で
「その他の醸造酒」や「リキュール」と表示されています。

細かく言うと第3のビールも「その他の雑酒」と「リキュール」に分かれます。上記ののどごしは「その他の醸造酒」でクリアアサヒは「リキュール」。
では何が違うかと言うと、


①原料に麦芽を使わないもの。
←これがその他の醸造酒



②出来上がった発泡酒に麦原料のスピリッツや焼酎などのアルコール飲料を混ぜたもの。
←これがリキュール


原料に麦芽を使わないもの、、、ってじゃあ一体全体何から作っているかと言うと、麦芽の代わりにとうもろこしだったり大豆たんぱくだったりえんどう豆だったりします。


【その他の醸造酒】(原料に麦芽を使わないもの)

キリン -ーーーー のどごし生(大豆たんぱく
サントリーーーーー ジョッキ生(とうもろこし
サッポローーーーー ドラフトワン(えんどう豆


【リキュール】(発泡酒に麦から作ったアルコールを混ぜたもの)

キリンーーーーーー 本格辛口・コクの時間・ストロングセブン・サウザン
サントリーーーーー 金麦・リラックス・スパーブルー
サッポローーーーー 麦とホップ・クリーミーホワイト・オフの贅沢
アサヒーーーーーー クリアアサヒ・くつろぎ仕込み・麦搾り・ストロングオフ・アサヒオフ


またまた正直言うと私はその他の醸造酒とリキュールの味の違いがわかりません。個々の味の違いならわかりますが、その2つのカテゴリーで分けた場合です。

しかし、その他の醸造酒は全く麦の味がしない(そりゃそうだ)からわかるという人もいます。私には鍛錬が足りないのでしょうか。

でもキリンのラガービール、サッポロの黒ラベル、アサヒのスーパードライ、サントリーのモルツの味の違いはわかりますからご安心を。←これは酒屋として当然か。

あともう一つ。
アサヒビールからは「その他の醸造酒」は発売されてません。以前「新生3」と言う商品がありましたが終売になりました。おそらく今後「その他の醸造酒」のジャンルからは商品は出さないと思われます。
何でか?何でだろうね。
[PR]
by sake-ohzawa | 2010-11-05 15:15 | お店のこと | Trackback

ホームページを少しだけリニューアル

いつもご贔屓下さいまして有り難うございます。
ホームページを少しだけリニューアルしますので

≪酒の大沢ホームページ≫及び≪あるじのブログ≫には本日接続できません。

よろしくお願いします。

尚、あまり更新せずイマイチぱっとしない当≪復活!サケヨメのブログ≫は
通常通りいくらでもご覧いただけますので、よろしくお願いします。

@サケヨメ



『え~、あるじのブログ見れんが~』っと言う方が万に一人でもいらっしゃるかもしれませんので秘蔵映像を。

続きを見たい方はこちら
[PR]
by sake-ohzawa | 2010-10-26 12:28 | お店のこと | Trackback

9月、10月の営業日のご案内

いつも有り難うございます。
9月、10月の当店の営業日のご案内をします。

9月、10月は当店休まず営業します

どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。
近江町市場内の他店舗は日曜日、祝日と一部休みのお店もございます。
お気を付け下さい。




====== イベントのご案内 ======

9月18日・19日(13時40分・15時)
【まちかどジャズライブ】@近江町いちば館広場

9月25日・26日
【ほくほく収穫まつり】@活性化広場

9月30日(10時~15時) 
【夢のたねプロジェクト】@近江町いちば館広場
アーティスト高橋匡太さんの「夢のたねプロジェクト」小さなライトをつけたたねの形の髪に自分の夢を書き気球に載せて夜の空から降らせる。



※ブログのデザイン秋っぽくしました。
 金沢は朝晩めっきり涼しくなりました。羽毛布団要ります。
[PR]
by sake-ohzawa | 2010-09-16 15:48 | お店のこと | Trackback

Spanish came to my shop

スペインからの観光客がお2人いらしゃいました。

吉田酒造の吉田蔵を探してっらしゃるとのこと。
欲しいお酒が決まっていれば私の拙い英語でも比較的スムーズにいきます。
なかなか好印象。

でも吉田蔵と言えども720mLで4種類あります。

1、吉田蔵 純米酒(1,050円)

2、吉田蔵 純米大吟醸酒(1,575円)

3、吉田蔵 大吟醸酒(1,350円)

4、吉田蔵 季節限定純米生(1,250円)


外国の方に日本酒をおすすめするのは本当に難しいです。
日本人に比べてずっと飲む機会が少ないだろうから、私のすすめた1本で日本酒の印象が決まるかと思うととても慎重になるのです。


結局買われませんでしたけど。
ダメやったか。
外国の方がいらして買っていかれることって本当に少ないげん。
どう反省したらいいかわからん。
[PR]
by sake-ohzawa | 2010-07-18 11:32 | お店のこと | Trackback

お中元とかお盆とか

近江町市場には清正商店、ジョルフルながた、ナルセフラワー、珍花園さんと4つのお花屋さんがあり、
どこも繁盛しています。

私も近江町のお花屋さんは品物は良いし安いしと、どこもおすすめできます。
皆さん、バス賃払ってでも買う価値あるわ~とよくおっしゃってます。

金沢は新盆のところが多いので今の時期はお墓参りに持っていく所謂『墓花』を買いに多くのお客さんがいらっしゃいます。なのでお花屋さんも大忙し。夜遅くまで仕事をしてらっしゃいます。

うちもお中元の時期なのでおかげ様で大忙しです。
沢山のご注文いただき有り難うございます。



話は変わり、

私の生まれたうちは父が長男、祖父も長男だったので夏になると多くの親戚のおじさんやおばさんがお中元を持って来られたり、お墓参りに来られたりしていました。
その時、皆さんきっちりした格好でいらっしゃってました。
私もお里に行ったり、お墓参りに行くのに着替えてちょっと良いものを着て行った記憶があります。
つかっけは全くもってご法度で、靴下にサンダルを履かされました。

今はそんな事はありません。
うちに限ってですが。
いつもと同じ格好、普段着で出掛けます。
よそのうちはどうなんかな~。

お盆にお墓参り行くのにエムザ行って良い服買ってこんなんかな~。
その前にエムザ行く用の服買わんなん(笑)
[PR]
by sake-ohzawa | 2010-07-14 21:21 | お店のこと | Trackback

青木良識 個展

青木良識君、もとい、青木良識先生から個展の案内状を頂きました。
e0037439_1734684.jpg
青木良識先生は今30歳まだ20代で何度も日展に入選されている油絵の画家です。
今は金沢学院東高等学校で美術の教鞭をとられています。

酒屋と画家ってつながり薄いですよね~。
どんな関係かと言うと、この青木先生は大学在学中によく近江町市場内でデッサンされてました。
お店の人や通行人に迷惑だと思われたのか、午後になり人通りが少し減った頃に来てました。
主人の父はこういう青年が大好きで声を掛け、
「折角描くのなら、市場が一番活気のある朝に来ないとだめだ」みたいな事を言ったそうです。

そしてその助言が効いたのかどうか、その市場の絵は日展に初入選しました。
当時金沢学院大学3年生で開校初の日展入選だったので注目されて新聞にも大きく載りました。

↓当時父がもらった市場の絵のデッサンです。
e0037439_17434591.jpg


絵と一緒に大学生当時の研究室の個展の案内が出てきました。
e0037439_17482461.jpg

e0037439_1744977.jpg

上段右端が青木君です。
中央の教授は「村田省蔵」。
e0037439_17444632.jpg

e0037439_17445942.jpg


今でも市場をライフワークにしているようで
たまに店に顔を出してくれます。
大人になり偉くなりましたが、うちに来るとみな若い時とかわらない屈託のないあの頃の青木君と話ています。
これからの益々のご活躍をお祈りします。


※内緒やけど、青木君が超有名になってこのデッサン高くならんかな~って思っとる。
 高くなっても売らんけどね。良い思いでやし。
 でも、生活に困って明日買うお米代が無いくらいになったら考えるかもしれん。
 本当は食べ盛り4人やし今も困っとるげんけどね。
 子ども手当てがまだ北國銀行に入金されげんて。
[PR]
by sake-ohzawa | 2010-06-06 17:45 | お店のこと | Trackback