ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

カテゴリ:福正宗(福光屋)( 5 )

武士の献立

江戸時代の加賀藩を舞台に、殿様に仕えた包丁侍一家を題材にした上戸彩さん主演の映画「武士の献立」が今週末から上映されます。この映画に引っ掛けてというわけではないですが(そういうわけでしょう)映画の舞台となった加賀藩政期の地酒の味を再現したお酒が金沢市の福光屋さんから発売されました。
e0037439_1840863.jpg


寛政11年(1799年)に刊行された「日本山海名産図会」の記述を元に

◎原料米:当時と同じく加賀平野で栽培された一般米を使用。
◎精米歩合:当時主流だった足踏み式精米機の能力である90%に設定。
◎酛モト造り:当時に製法に最も近い山廃仕込みを採用。天然の乳酸菌によって健全な酵母を育てる手間ひまのかかる手法です。
◎味わい:搾り上がった原酒は現在の約5倍の甘味と約3倍の酸味、豊かな旨みを持つ、ふくよかで濃厚な風味が特徴です。
◎アルコール度:当時は濃厚な味わいの原酒を水で割り、アルコール度数を9度いかにして飲むのが一般的でしたのでそれに合わせてあります。


===========
石川県金沢市
福光屋【武士の一献】(純米酒)

300mL 1,575円

《成分値》
原料:米、米麹
精米歩合:90%
日本酒度:マイナス26
酸度:2.1
アミノ酸度:1.8
酵母:協会7号
杜氏:板谷和彦


✽左の煎り酒は、お酒に塩と梅干しと鰹を加えた調味料のお酒です。こちらも江戸時代に使われていたのを再現したもので同時に発売されました。
300mL 1,575円です。
[PR]
by sake-ohzawa | 2013-12-11 18:40 | 福正宗(福光屋) | Trackback

-新商品-福光屋「酒炭酸」

【近頃大沢二ハヤル物】

2月、3月で思いも掛けずよく売れたものがあります。
金沢市にある老舗酒蔵のひとつ、福光屋さんの出している「酒炭酸」です。

日本酒をソーダやトニックウオーターで割ったアルコール度数が6度の低アルコール飲料、いわゆる日本酒スパークリングで、飲みやすい「クリア」と長期熟成酒をベースにした「オールド」、トニックウオーターで割った「トニック」の3種類があります。

勿論うちで販売する際にはスタッフみんなで試飲するのですが、日本酒の全く新しい味、スタイルに酒屋の私たちもとても驚き戸惑いました。

しかし味は3種3様でどれも味のバランス、設計はとても良く、食前酒として、また、食事と一緒に楽しむ食中酒としても料理との相性はとても良い出来でした(オールドだけは、料理は中華料理や唐揚げなど味の濃いものに合わせた方が良いと思います)。

しかし、こちらが自信を持って販売する商品であっても、やはりこれが受け入れられるのかどうかとても不安で、恐る恐る売り始めたというのが正直なところでしたが、とても売れています!
e0037439_1331712.jpg

福光屋
酒炭酸/クリア.オールド.トニック
200mL 各294円
[PR]
by sake-ohzawa | 2013-04-11 13:04 | 福正宗(福光屋) | Trackback

冬っていいな

秋も深まりそろそろ冬の訪れが近づいてきました。



金沢市の老舗酒蔵
福光屋さんのサイトでおいしそうなページを見つけました。



酒蔵の智恵から生まれた温かいメニューが沢山載ってます。



「飲む」「食べる」「浸かる」で体の中からあったまって下さい。
酒粕の発酵パワーで血行促進、代謝アップです。


おうちdeぽかぽか三温活
http://www.fukumitsuya.com/style/sanonkatsu/sanonkatsu.cgi

e0037439_1337074.jpg










 


熱燗にシナモンと粒胡椒で「ホットスパイスカクテル」
e0037439_13385847.jpg





  









日本酒を贅沢に使った「日本酒豚しゃぶ」


※北陸の冬は雪も沢山降って寒いですけど、こんなこんな楽しみもあればちょっと待ち遠しかったりもするのです。
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-10-24 13:46 | 福正宗(福光屋) | Trackback

お酒たっぷり鍋のもと

金沢の酒蔵、福光屋さんから鍋のもとが発売されています。
福光屋さんの福正宗がたっぷり入っていて、金沢市内のスーパーなどでよく見かけます。

味はちゃんこ鍋、キムチ鍋、寄せ鍋の3種類。


e0037439_17271142.jpg
【原材料】
しょうゆ、たん白加水分解物、発酵調味料、食塩、清酒、カツオエキス、昆布エキス、サバエキス、砂糖、エビエキス、チキンエキス、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、香辛料抽出物
(原材料の一部に小麦、エビ、大豆、サバを含みます)
※1袋3~4人前です。






e0037439_1728840.jpg
【原材料】
しょうゆ、豆板醤、清酒、コチュジャン、食塩、チキンエキス、果糖ぶどう糖液糖、みそ、
食用植物油脂、醸造酢、おろしにんにく、たん白加水分解物、酵母エキス、香辛料抽出物
(原材料の一部に小麦、大豆を含みます)
※1袋3~4人前です。






e0037439_17322837.jpg
【原材料】
しょうゆ、清酒、酒粕、食塩、砂糖、カツオエキス、昆布エキス、サバエキス、エビエキス、調味料(アミノ酸等)
(原材料の一部に小麦、エビを含みます)
※1袋3~4人前です。








昨日キムチ味のものを食べてみました。
試食は以前にしていたのですが、食卓に出すのは初めて。
子供達にも食べられるほど良い辛さでした。
この所金沢は最低気温が氷点下の日が続いています。
ここまで寒いと鍋の出番が多くなります。

e0037439_1795067.jpg

キムチ鍋は子供らも食べられる辛さでした。
[PR]
by sake-ohzawa | 2011-01-29 17:09 | 福正宗(福光屋) | Trackback

★新発売★「福正宗 石川門純米吟醸 生貯蔵酒 金沢酵母仕込み 金沢涼風」

e0037439_16103927.jpg
金沢の福光屋から石川県産の酒米「石川門」を使ったお酒が新しく発売されました。
すっきり爽やか、これからの暑い夏にぴったりの吟醸酒です。

酒米は石川県産の「石川門」を、
仕込み水は百年の時をかけて酒蔵に巡り着く「百年水」を、
そして酒のもう一つ大事な要素、酵母は金沢で長く受け継がれてきた「金沢酵母」を使用しました。

金沢で生まれるべくして生まれたお酒です。
e0037439_1626614.jpg
《味と香りの特徴》
爽やかな吟醸香と触れ主で軽快な飲み口は、夏の食材を華やかに引き立てます。
冷たく冷やしてお召し上がり下さい。

瓶詰め時に一度だけ火入れしてありますので、出来立てに近い味わいでとってもおいしいです。
できるだけ冷蔵庫で保管し、開封後はお早めにお召し上がり下さい。

=======================
福光屋
【福正宗 石川門純米吟醸生貯蔵酒 金沢酵母仕込み 金沢涼風 720mL 1,260円】

《成分値》
■原料米:石川県産石川門
■アルコール度:16度
■精米歩合:60%
■日本酒度:+5
■酸度:1.4
■アミノ酸度:1.1
■酵母:金沢酵母
===========================
[PR]
by sake-ohzawa | 2010-04-24 16:29 | 福正宗(福光屋) | Trackback