ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

カテゴリ:ウイスキー( 1 )

小雪に勝つ方法伝授します

e0037439_12165384.jpg
先日、サントリーさんとカナカンさん主催の「角ハイボールセミナー」に行ってきました。
今ハイボール人気がじわじわと広がっています。

私はあまりウイスキーは好きではなく、と言うかあまり飲んだことがなく、正直<おやじくさい><度数が強い>というイメージを持っていました。あまり関わったことがないのでつまりはウイスキーのことを深く考えたことがないと言うのが本音です。でも酒屋なので、ハイボールが人気な事、特に都会では凄い事、それにサントリーは元々ウイスキーが本業であることくらいは知っています。

セミナーでは、このハイボール人気の火付け役、竹内淳さんが直接お話をされると言うので興味がありました。でも、「まあ、サントリーのやり手営業マンだからきっと体育会系のパキパキ系、声の大きな人かもな~。ちょっと苦手かも。」なんて高飛車な気持ちでした。

ところが会場に現れたやり手営業マンは威圧感の微塵もない上品で穏やか、アパレル系の営業マンか?と思うぐらい素敵な方でした。すみません。

ハイボールブームも急に仕掛けたわけでなく、竹内さんはウイスキーが好きでサントリーに入社し、ウイスキー事業部で何年も考えていたそうです。自分がいかにウイスキーが好きか、そしてこの美味しいウイスキーを沢山の人に飲んでもらうにはどうしたらよいか、そしてその結果ハイボールが生まれたのだと話して下さいました。

不況が続いていて、消費者の多くは外食時にはできれば安くあげたいと思っているし、若者のビール離れも進んでいる、そこに帆を張ったタイミングがぴったり合ってヒットに繋がったとおっしゃっていました。しかし成功の秘訣は、何といっても根底にあるサントリーのウイスキーの高い品質だと強く重ねておっしゃっていました。

話し方は理路整然としていて説得力があり、しかも全く高圧的ではなく、私はその場ではまだ飲んでいないにも関わらず、「私もウイスキー好きやわ」って気持ちになってました。
やり手営業マン、やはり熱い思いは並大抵ではありませんでした。
サントリー恐るべし。
でも、キリンビールのセミナーに行けばやっぱりビールはキリンやわと思うし、アサヒビールもしかり、サッポロも勿論。
ビール業界の社員さんの思い入れは相当です。

竹内さんが今まで消費量が落ちていたウイスキーを多くの人に飲んでもらう為に考えたポイントがいくつかありました。

1、ウイスキーはバーやスナックなど2件目2軒目で飲むイメージがあるので1件目1軒目から飲めるようにする。
2、若者にウイスキー離れが進んでいるので、若者にも合う飲み方にする。
3、焼き鳥や中華、どんな食事にでも合う飲み物にする。
4、大事なのはサントリーが長年にわたりつちかった味、品質を落とさない味わいで飲む。

これらを考えて試行錯誤されて出来たのがハイボールです。
どれだけ人気があるかと言うと、角ハイボールを扱っているお店が2009年は前年比で東京で564%、石川で307%だそうです。
もはや東京では営業活動をしなくてもメニューに載せる飲食店が増えていて、
ハイボールがメニューにあって当然という雰囲気になりつつあると。


セミナーでは実際に自分で角ハイボールを作ってみました。
すっごく美味しくできたのでレシピをご紹介します。
レシピ通りに作れば小雪に勝てます。      ↓この方がイケメン竹内氏、画像で見るとちょっとホリエモン。
e0037439_1219625.jpg

準備するものはグラス、氷、サントリー角、サントリーソーダ、レモン、そして一番大事なのが一口サラミ

お楽しみの作り方
[PR]
by sake-ohzawa | 2010-04-15 12:14 | ウイスキー | Trackback