北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!
ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

カテゴリ:長生舞(久世酒造店)

  • 久世酒造店さんの『ぬり漬けの素』
    [ 2011-03-26 11:50 ]
  • 美人でびっくり
    [ 2011-01-28 17:00 ]
  • 久世酒造 【長生舞 石川門 純米吟醸】
    [ 2010-04-15 16:43 ]
  • 心をこめて商いさせて頂きます!
    [ 2008-05-30 12:05 ]
  • 長生米で作ったお酒
    [ 2008-05-10 17:57 ]

久世酒造店さんの『ぬり漬けの素』



石川県河北郡津幡町に久世酒造店という酒蔵さんがあります。
長生舞や能登路という銘柄のお酒を造っていて、
社長さんはじめ、奥様、会長さん、息子さんの専務、美人の娘さんと家族皆さんで美味しいお酒を造り販売してます。杜氏さんも勿論です。

奥さんはお料理がとてもお上手で、私達が蔵へお邪魔するといつも自家製の粕漬けや粕汁、そしてとびっきりおいしいあわ汁をご馳走して下さいます。野菜の粕漬けはきゅうり、人参、メロン、大根、など種類も沢山あって本当に美味しいんです。

そのおいしい粕漬けを誰でも簡単に作ることができる
ぬり漬けの素
が今日発売されます。

この『ぬり漬けの素』には久世酒造店さんの
美味しい酒粕能登の塩のみが入っていて、保存料や他の調味料は一切なし。吟味し、熟成された酒粕が美味しさの秘訣です。


作り方は簡単、野菜にぬって一晩冷蔵庫に入れるだけ。
翌朝や翌晩においしい粕漬けが出来上がります。


=========
  久世酒造店
 『ぬり漬けの素
 215g 298円
=========


紹介のページはこちら
久世酒造店さんのブログで詳しくご紹介されています。
http://choseimai.exblog.jp/12323422/

Twitterボタン
Twitterブログパーツ



■  [PR]
by sake-ohzawa | 2011-03-26 11:50 | 長生舞(久世酒造店) | Trackback | Comments(2)

美人でびっくり

金沢の北部河北郡津幡町にある久世酒造店さん。
江戸時代から続く老舗の酒蔵で小さいながらも美味しいお酒を造っています。銘柄名は能登路長生舞


こちらの酒蔵のこだわりはなんといっても原料。
お酒の原料米は自分で作った「長生米」を使用。
お酒造りもして原料のお米も作っている酒蔵は日本広といえどもおそらくここだけ。大吟醸用に兵庫県産の「山田錦」と、昨年から吟醸酒用に石川県産「石川門」も扱っています。

もうひとつに欠かせないのが水。
仕込み水は蔵の井戸水(硬水)と、近くに湧き出る水(軟水)。
この2種類の水を使い分けてお酒造りをしています。

いつもは専務さんがお店にいらしてたのですが、今月から専務の妹さんが家業をお手伝いされるということで今日初めてお会いしました。

とても美人でびっくりです。
きょうだいやとは思えんかった。
すまん専務。

今月からブログを初めてらっしゃるので是非見てみて下さい。
長く生きて舞う。。。
http://choseimai.exblog.jp/


長生舞 特別純米 1.8L
販売価格(税込): 2,540 円

私も主人もこのお酒が大好きです。
辛口できりっとした味わいです。冷でもお燗でもグーです。

■  [PR]
by sake-ohzawa | 2011-01-28 17:00 | 長生舞(久世酒造店) | Trackback | Comments(6)

久世酒造 【長生舞 石川門 純米吟醸】

津幡町にある久世酒造さんから
【長生舞 石川門純米吟醸】が発売されました。
コストパフォーマンスの高いおいしいお酒です。

このお酒は、石川県で作られた酒米『石川門』で造った純米吟醸と、山田錦で造った純米大吟醸をブレンドしたものです。共に蔵の硬水の井戸水で仕込んであり、キレの良い純米吟醸に仕上がっています。

以前蔵へお邪魔した際に、ちょうどこの『石川門』で造った純米吟醸を搾ったばかりで
粕が本当にきれいでおいしそうだったので、酒の大沢限定で特別に詰めてもらいました。

その粕の元のお酒が製品化されたのです。

粕もすこぶる評判が良かったですが、今度は真打ちお酒の登場です。
お酒の方も勿論おいしい。
それに価格が手頃です。
ブレンド比率は石川門が60%、山田錦が40%。
山田錦の純米大吟醸が40%も入っていてこの価格は安いと思います。

久世酒造の専務さん、行動力があるし太っ腹やし、やるね~。


================
久世酒造【長生舞 石川門 純米吟醸 生720mL 1,600円】

《成分値》
【原料米】石川門60%・山田錦40%
【精米】石川門60%・山田錦40%
【仕込み水】硬水(7.62度)
【酵母】金沢酵母(泡無し1401)
【アルコール度】15度
【日本酒度】+2.5(やや辛口)
【アミノ酸度】1.0
【酸度】1.8

※蔵の在庫がなくなり次第終売です。
※1.8Lはお願いすれば詰めてもらえるそうで今どうしようか検討中です。
 その時は価格は3,200円前後になりそうです。


ありがとね~
■  [PR]
by sake-ohzawa | 2010-04-15 16:43 | 長生舞(久世酒造店) | Trackback | Comments(0)

心をこめて商いさせて頂きます!

能登路本仕込み。

このお酒元々は一升入りの商品しかなかったんですが何年か前に4合入りも出すようになりました。
実はこのラベルを決める時にぼくの父親がちゃべちゃべとリクエストした事がありまして・・・

落款の横の「心をこめて商いさせて頂く店は」ってとこです。そこに自店の名前を書き込めるようになってるんです。
すっきっと辛口で値段もお手ごろ。いいがんないですか!
っちゅうことでエピソード付きのこのお酒・・・
心をこめて商いさせて頂きます!
昨日ちゃべちゃべとここんちに納品して来ましたから是非どおぞ!もちろん我が社の店頭でも販売してます。

                                      @あるじ
■  [PR]
by sake-ohzawa | 2008-05-30 12:05 | 長生舞(久世酒造店) | Trackback | Comments(2)

長生米で作ったお酒

ちゃべちゃべと以前に同じお酒でお米の違いのネタを書いた事がありましたが、今回はお水の違いです。
これは津幡の久世酒造店のお酒で左が軟水仕込で右が硬水仕込です。ラベルは違いますが水以外は全て同じお酒です。水が違うだけで全然違った味わいが楽しめるっちゅう訳です!

さらにこだわりは自社の田んぼで作った酒米(長生米)を100%しているところです。
もう一つ言うとここの社長は久世一嘉でぼくは大澤一嘉ですが・・・。何か?

きゃウタゲなので明日にでも水の違いでドンダケちごか試してみる事にします!

                           @あるじ
                      
■  [PR]
by sake-ohzawa | 2008-05-10 17:57 | 長生舞(久世酒造店) | Trackback | Comments(6)