ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

カテゴリ:日本酒( 71 )

国税庁動画チャンネル

国税庁が日本酒について作った動画です。
わかりやすく説明されていますのでぜひご覧ください!

国税庁動画チャンネル
国税庁動画チャンネル 日本産業酒類とは

[PR]
by sake-ohzawa | 2016-06-12 16:23 | 日本酒 | Trackback

「平成27酒造年度全国新酒鑑評会」入賞酒発表

本日、酒類総合研究所から平成27酒造年度全国新酒鑑評会の入賞酒が発表されました。

e0037439_11172095.jpg


県からは4つの酒蔵が入賞。
小堀酒造店さんと宗玄さんは特に優秀と認められた金賞受賞です。おめでとうございます。



★金賞★
小堀酒造店(萬歳楽) 
宗玄酒造(宗玄) 

☆入賞☆
鹿野酒造(常きげん) 
吉田酒造店(手取川)


======================================

(全国新酒鑑評会とは)
新酒を全国的に調査研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、もって清酒の品質向上に資することを目的に、独立行政法人酒類総合研究所が毎年を行っています。

この「全国新酒鑑評会」の他に、金沢国税局が北陸三県の酒蔵を対象に新酒の評価を行う「金沢国税局酒類鑑評会」があります。こちらは4月に優等賞蔵が発表されていて、

福光屋、やちや酒造、中村酒造、加越、宗玄、菊姫、小堀酒造店、吉田酒造店、車多酒造、鳥屋酒造、白藤酒造店の11蔵が優等賞に選ばれています。





平成27酒造年度全国新酒鑑評会 独立行政法人酒類総合研究所サイト


平成27酒造年度全国新酒鑑評会入賞蔵一覧PDF


平成27酒造年度金沢国税局酒類鑑評会

[PR]
by sake-ohzawa | 2016-05-18 11:08 | 日本酒 | Trackback

映画「一献の系譜」

能登杜氏を題材にした映画「一献の系譜」が朝日新聞の英語記事に掲載されました。


http://ajw.asahi.com/article/cool_japan/movies/AJ201511020003朝日新聞 英語版
[PR]
by sake-ohzawa | 2015-11-02 22:12 | 日本酒 | Trackback

サケマルシェ2015

金沢市いしのき迎賓館で10月24.25日に開催のサケマルシェに行ってきました!


石川県の28の酒蔵さんの蔵自慢の美味しいお酒と、飲食店さんのブースがあります。お酒は全部で100種類ほど。
e0037439_22155481.jpg



今日は私は会場で金沢市酒小売組合さんのお酒販売のお手伝いです。
合間にお酒も飲みましたけど。
e0037439_22155839.jpg



吉田酒造店の山本杜氏とパチリ。
e0037439_22160221.jpg



車多酒造の中顧問と岡田杜氏とパチリ。
e0037439_22160623.jpg



明日もやっています。
お天気も良いようですので是非足をお運びください。




[PR]
by sake-ohzawa | 2015-10-24 22:09 | 日本酒 | Trackback

石川のひやおろし

9月11日に石川の酒蔵のひやおろしが一斉に発売されました。


今年は写真の25銘柄ともう少し合わせて27銘柄を仕入れました。売り切れ御免の商品があるため品揃えは流動的です。
e0037439_15155273.jpg

今が旬のひやおろし、秋の夜長にぜひどうぞ。

[PR]
by sake-ohzawa | 2015-09-16 15:14 | 日本酒 | Trackback

石川の夏のにごり酒

にごり酒は冬に飲むイメージがありますが、甘酒は夏の季語なんです。


江戸時代に書かれた守貞漫稿という書物によると、夏になると市中に甘酒売りが出て一杯四文で売っていたそうです。 甘酒の原料の米麹には必須アミノ酸やビタミン、上質なたんぱく質が多く含まれ、 暑い夏を乗り切る飲み物として人気があったようです。


冬に仕込んだお酒は半年間蔵で静かに寝かされ、今は新酒の荒々しさが取れて丸く穏やかな味わいになってきています。今年石川県の20の酒蔵では7月に「夏のにごり酒」として各蔵自慢のにごり酒を発売します。夏の夜のひととき、冷やして美味しいにごり酒はいかがですか。
e0037439_11495269.jpg
e0037439_11495527.jpg


お買い求め、ご予約は県内の酒店でしております。
夏の土用の鰻との相性もぴったりです。



*予約限定、数量限定ですのでお申し込みはどうぞお早めに。


にごり酒20種類


1、久世酒造店
長生舞 純米吟醸原酒 夏にごり 辛口
限定200本 1,650円
酒米は金沢産五百万石を使い、蔵の硬水の井戸水で仕込んだしっかりとしたコシのあるにごり酒。

2、武内酒造店
御所泉 吟醸にごり酒 辛口
限定200本 1,550円
口当たりのよい吟醸にごり酒。

3、中村酒造
日榮 夏のにごり酒 甘口
100本 1,100円
低温醗酵で熟成させたフレッシュな風味。

4、福光屋
福正宗 純米にごり酒 しろき 辛口
600本 1,080円
ほどよい発泡性がフレッシュい感じられ、キレのよい味わい。

5、やちや酒造
加賀鶴 特別純米 夏のにごり酒 辛口
300本 1,620円
酒米の旨みが楽しめる仕上がり。うすにごり酒。

6、金谷酒造店
高砂 にごり酒「北美雪」 辛口
100本 1,296円
食事に合わせて楽しめる辛口の原酒のにごり酒。

7、小堀酒造店
萬歳楽 純米にごり酒 甘口
240本 1,331円
柔らかい口当たりで甘みがあり、米の旨みが実感できるにごり酒。

8、車多酒造
天狗舞 純米大吟醸うすにごり 辛口
400本 1,944円
爽やかな酸味と心地よい甘みが調和する純米大吟醸酒のうすにごり。

9、吉田酒造店
手取川 辛口純米うすにごり 辛口
700本 1,620円
伸びやかなすっきりとした辛口。その中にも上品な甘みが感じられる純米うすにごり。

10、加越
加賀ノ月 夏のにごり酒 甘口
200本 1,404円
やや甘口のまったりとしたにごり酒。

11、鹿野酒造
常きげん 純米にごり酒 甘口
700本 1,300円
絹のようになめらかな口当たりに純米にごり酒。

12、橋本酒造
十代目 にごり酒 辛口
300本 1,380円
香り高いもろみを荒ろ過したにごり酒。

13、宮本酒造店
夢醸 うすにごり純米酒 辛口
100本 1,620円
宮本酒造店で初めての火入れをしたにごり酒。暑い夏にぴったりのすっきり爽やかな味わい。

14、数馬酒造
竹葉 夏にごり 甘口
100本 1,296円
アルコール度数の高い原酒のにごり酒。

15、櫻田酒造
能登初桜 うすにごり本醸造 辛口
100本 1,080円
石川県産の酒米、五百万石と餅米で造った本醸造のうすにごり。

16、清水酒造店
能登誉 しろざけ 甘口
120本 1,550円
さっぱりとした甘口ながら旨みのあるにごり酒。ロックもオススメ。

17、宗玄酒造
宗玄 夏のにごり酒 甘口
700本 1,210円
クリーミーな口当たりのにごり酒。

18、鶴野酒造店
谷泉 特別純米 夏にごり 辛口
200本 1,695円
すっきりと酸味のきいた爽やかな夏にごり。

19、日吉酒造店
金瓢白駒 夏にごり 辛口
100本 1,468円
甘さと酸味のバランスの良い、夏の暑さを忘れさせる爽快感のあるうすにごり。

20、松波酒造
能登のにごり酒 大江山 甘口
250円 1,512円
口に含んだひと口目は甘口、飲み進めると濃醇な旨口。味わいの濃いタイプがお好みの方に。
[PR]
by sake-ohzawa | 2015-06-03 11:48 | 日本酒 | Trackback

平成26酒造年度全国新酒鑑評会 入賞酒発表!

本日、酒類総合研究所から平成26酒造年度全国新酒鑑評会の入賞酒が発表されました。

e0037439_14182766.jpg


石川県からは6つの酒蔵が入賞されました。
車多酒造さんは特に優秀と認められた金賞受賞です。

★金賞★彡
車多酒造(天狗舞)

☆入賞☆彡
小堀酒造店(萬歳楽) 
鹿野酒造(常きげん) 
宗玄酒造(宗玄) 
加越(加賀ノ月) 
御祖酒造(ほまれ) 



以下酒類総合研究所のサイトより引用

=======================

平成26酒造年度に製造された清酒を全国的に調査研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、もって清酒の品質及び製造技術の向上に資するとともに、国民の清酒に対する認識を高めることを目的としています。
 現在、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会であり、製造技術と品質の向上に果たす役割は極めて大きいものがあると考えています。
出品点数:852点

予  審
審 査 日:平成27年4月21日(火)~ 23日(木)の3日間

決  審
審 査 日:平成27年5月12日(火)~ 13日(水)の2日間

審査結果
入賞酒:415点(成績が優秀と認められた出品酒です。)
金賞酒:222点(入賞酒のうち特に成績が優秀と認められた出品酒です。)


平成26酒造年度全国新酒鑑評会の入賞酒一覧(PDF)
http://www.nrib.go.jp/kan/h26by/pdf/h26by_moku.pdf
[PR]
by sake-ohzawa | 2015-05-20 12:23 | 日本酒 | Trackback

一献の系譜

金沢市のシネモンドで上映されている能登杜氏の酒造りを追ったドキュメンタリー映画「一献の系譜」を観てきました。


登場する多くの杜氏さんと面識があるのでとても楽しみにしていました。


冬、酒造りの時分に酒蔵にいらっしゃる杜氏さんは皆さん険しいお顔をしてらして、ご挨拶しようにもなかなかお声を掛けられない雰囲気です。 私にしたら杜氏さんは怖い、というか畏れ多い存在です。映画の中でも声を荒げている場面がありました。


しかしびっくりしたのは、勿論わかってはいたのですが、杜氏さんたちは春になって酒造りが終わると能登で米を作ったり、船に乗って漁をしています。その表情は酒造りのときに見せる顔とは全く異なり、農家の顔、漁師の顔なんです。天狗舞の中杜氏が穏やかな表情でトラクターに乗っているのは本当にびっくりしました。宗玄の坂口杜氏が船に乗っているのは、いやはや海の男でした。


印象に残ったのは坂口杜氏の仰った「仕込みに入ったら酒と心中するつもりでいる」という言葉です。それくらい強い熱い思いで酒造りに対峙しているんだと。酒には魂が込められているんだと。杜氏の技を伝承していくのは大変だけど、美味しいお酒を作るのは機械の数値じゃなくやっぱり人なんだと思いました。


映画を観ている間中、お酒が飲みたくて、家に帰ったら誰のお酒を飲もうか考えてました。
飲みながら観たいです。
そんな企画があったらいいな。

一献の系譜

e0037439_16304409.jpg

[PR]
by sake-ohzawa | 2015-05-07 16:31 | 日本酒 | Trackback

能登杜氏SAKEフェスティバル

今月5月30日に金沢市広坂のしいのき迎賓館で能登杜氏SAKEフェスティバルが開催されます。とても魅力的な内容で私も行きたーい!

e0037439_16292772.jpg

[PR]
by sake-ohzawa | 2015-05-07 16:28 | 日本酒 | Trackback

10月1日は日本酒の日

今日10月1日は日本酒の日です。
日本酒の酒造年度が10月からスタートすることや、干支の酉(酉の字はお酒やお醤油などの醸造物を表すそうです)が10番目だという理由だそうです。
e0037439_21254212.jpg

日本酒普及のパーティが催されたので行ってきました。並んでいるお酒は日本酒のみです。1年分の日本酒飲んできました。
[PR]
by sake-ohzawa | 2014-10-01 21:24 | 日本酒 | Trackback