ブログトップ

サケヨメのブログ

ohzawa.exblog.jp

シマシマニシマッシマ

シマシマニシマッシマ

金沢の人ならこれが何の事がすぐにわかるし、特段変わった言葉ではありません。
でも、よその地域の人はこの文章を読むのもままならないのではないでしょうか。
ましてやまるで呪文のようなこの言葉、何を意味するのかもわからないでしょうね。

金沢出身の美人ピアニスト宮谷理香さんが音楽雑誌『ショパン』誌にエッセイを連載されていて、今回のエッセイのタイトルが『シマシマニシマシマ』だったのです。ここでは自分と金沢との関係を書かれてました。

シマシマニシマッシマ

漢字で書くと

縞々にしまっしま

となります。
金沢弁です。例えば、

娘)お母さん、今日の洋服、水玉と縞々とどっちがいいと思う?
私)縞々にしまっしま

てな具合。標準語になおすと『縞々にしたらどう?』になるかな。
変な方言です。
[PR]
by sake-ohzawa | 2006-04-27 10:51 | 金沢 | Trackback
トラックバックURL : http://ohzawa.exblog.jp/tb/3312711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 新発売のお酒 ゴールデンウイーク期間中の営業... >>